MENU

口臭を自覚するには

自分の事を理解するというのは、簡単なようで、決して簡単ではありません。
自分を俯瞰して見る事はできても、それを実際に他人と同じような見解で見るというのは、実に難しい事なのです。
人間には「補完」という能力が備わっています。それは、事実をありのまま全て受け入れるというわけではなく、「自分にとって最も都合の良い」「苦痛の少ない」ように自然と修正してから認識するという能力です。それによって、人間は一定の精神状態を保てるのです。

 

口臭でいえば、自分の口の臭いはまさにこれに該当します。常に自分の中にある臭いは、慣れなければ常に苦痛が付きまといます。そうならないよう、自分の頭の中で「この臭いはイヤなものではない」という修正が行われ、その結果、本当に臭わなくなるのです。ですが、実際にはその口臭が消えたわけではありません。あくまで「自覚しなくなるだけ」です。

 

こういった場合、自分では口臭のチェックができませんので、他人に確認してもらう必要があります。とはいえ、いつどの時間でもいいかというと、そういうわけでもありません。

 

口臭チェックは、朝、昼、夜と何度かに分けて行い、どの時間が臭うかを確認する事で、初めて有効といえるのです。そうする事で、この時間が臭いならこの食事に原因がある…といったように、原因の特定がしやすくなります。

 

口臭を自覚するには

 

どうしても自分だけでチェックしたい場合は、コップに息を溜め、それを嗅ぐなどの方法が有効です。精度はやや欠けますが、ある程度は認識できます。

他臭症と自臭症

人間の脳には、様々な機能が備わっています。単純に、頭で考える事全てが脳の仕事ではありますが、脳の仕事はそれだけに留まりません。自分が自覚しない部分においても、非常に多くの役割を脳が受け持っています。

 

口臭という分野においても例外ではありません。口臭の原因として、脳が関わってくるケースが存在するのです。それは「他臭症」と「自臭症」です。

 

他臭症は、実際に自分の口内や身体に原因があり、臭いを発している状態です。これだけなら普通の口臭と同じですが、様々な原因によって発せられる他臭症は、その臭いを自覚する事ができません。脳がそれを受け入れているからです。

 

口臭の原因にもよりますが、他臭症の場合、悪臭が常に身体から生まれています。そのため、その臭いは永続的に生まれているのです。もしも、それをずっと「悪臭だ」と認識すると、とても生活できませんね。それを回避するため、脳が感覚を麻痺させるのです。

 

口臭を自覚するには

 

そして、自臭症。こちらはさらに厄介な問題です。自臭症は、実は口臭は発生していません。にも拘らず、自分の口からは悪臭がしていて、周囲にそれを漂わせている…と思い込んでしまう、いわゆる「精神疾患」の一種です。

 

そのため、本来ならば口臭のカテゴリーに含まれる性質のものではありません。

 

自臭症は、精神面における疾患という事で、脳が大きく関与しています。よって、治療の際にはその点をしっかりと意識しなければならないのです。

他臭症のチェック方法

基本的に、自分の口臭はなかなか自覚できるものではありません。そのため、口臭に悩む人の多くは「他臭症」といえるでしょう。問題は、それを指摘してくれる人がいるかどうかという点ですが、仮にいない場合は、なかなか自分が悪臭を放っているという事に気付けません。

 

そこで、やっておきたいのが口臭チェックです。コップに息を吹きかけ、それを臭うというのが一般的なチェック方法です。ただ、これでもしっかりとは確認できないという人もいます。既にその臭いに麻痺している場合は、一旦身体から離れてしまった臭いもなかなか自覚できないようです。

 

しかし、口臭チェックの方法は一つではありません。他にも様々な方法があります。たとえば「デンタルフロス」を使ったチェック。これは、歯をしっかりと磨いた直後にデンタルフロスで歯間をこすり、その臭いを確認するという方法です。

 

この方法で、臭いが全くないという事はまずありませんが、かなり強い悪臭を感じた場合には、自分の口臭とその原因を疑うという事になります。

 

この他の方法としては、オキシドールを使った確認方法もあります。オキシドールは、最寄りの薬局に行けば置いています。

 

まず、歯磨きをし、口内をゆすいだ後、オキシドールを微量含んだ水を口に入れてゆすぎ、吐き出します。その後、吐き出した水を確認し、その泡の状態を見ましょう。泡が多い場合は、口臭の原因が口内にある可能性大です。

 

口臭を自覚するには

 

チェックが終わった後は、水で口をしっかりゆすぐのをお忘れなく。

自臭症の原因

ある意味、明確な原因が存在する他臭症とは違い、自臭症には臭いそのものに関する原因はありません。なぜなら、口臭自体が幻だからです。自臭症は、自分がそう思い込んでいるだけの精神疾患。つまり、事実とは異なる状態です。とはいえ、その疾患の原因という意味では、当然存在します。

 

自臭症を患っている人は多く、特に潔癖な人や、几帳面な性格の人に多く見られます。発症するケースは様々で、精神的に追い詰められた状態で周囲が自分の事を嘲笑っているように錯覚している際、その原因を口臭にあてはめている場合や、実際に過去に臭いに関する指摘を受けた事がある場合など、人によっていろいろな原因が存在します。

 

他の精神疾患と併発するケースが多く、主にうつ病、醜形恐怖症といった疾患と重なるケースがよく見受けられます。また、強迫神経症の一種という見方もできる疾患です。
自臭症が強迫神経症の一つに数えられる理由としては、「思い込み」の部分が挙げられます。口臭というものは、通常誰にでも少なからずありますが、それを「絶対悪」と誇大解釈し、それがあるから自分は嫌われている、自分は周囲に笑われている…などと思い込み、精神が病んでいく状況を生み出してしまうのです。

 

心の病の厄介な点は、明確な治療方法がないという点です。もちろん、現代病ともいえる精神疾患に対しては、既に対処法は確立しています。
とはいえ、その対法は万能ではなく、人によって全く効果が異なります。すんなりと治るケースもある一方で、全く治らないケースもあるのです。そのため、人と同じ対策をしても治らない可能性は高いという事がいえます。

 

口臭を自覚するには

ブルーライトの目の影響やPCメガネの本当の効果、PCメガネを使った目の疲れを軽減させる方法を紹介します。PCメガネって効果ありますよ! だって、視力も前よりは戻ったし、なにより悩んでいた目の痛みや疲れが軽減されたもの! PCメガネというのは、ブルーライトをカットしてくれるメガネなんです。100円均一のダイソーで、PCメガネを購入しました。買った理由は、パソコンやスマートフォンによる目の疲れの解消を期待したからです。

 

鼻の毛穴を綺麗にする方法。鼻の毛穴ケアにおすすめのW洗顔不要のクレンジングはメイクもしっかり落とし肌の汚れも落としてくれる優れものです。鼻の角質が溜まると黒ずみますので鼻の毛穴ケアはしっかり行いたいですね。ハートを描くことで、血行が良くなり皮膚の再生が促されます。 また、不純物を排出する働きもあるため、結果毛穴がキレイになるんですね。 出典:頬と鼻の毛穴の開きを治す最短の方法はコレ!温が高い季節が近づくにつれ気になってくる、鼻の毛穴の黒ずみや角栓のつまり。 顔にあるため他の人の目が気になったり、触るとざらざらしたりするため、男女問わず悩まされている人が多いはずです。